資格の違いは、保育士は国家資格である保育士国家試験に合格する必要があります。ベビーシッターは社団法人全国ベビーシッター協会が認定する認定資格はありますが、資格を取得する義務はないため、各会社の採用条件を満たせば未資格未経験でも働く事ができます。働く場所の違いは、保育士の場合は保育園や児童養護施設などが中心です。ベビーシッターの場合は、託児所などの保育関連施設で働く場合もありますが、基本的には依頼者の自宅でその家庭の子供の世話をします。

また自宅で子供の面倒をしてもらいたくない家庭のばあいは、家に子供を預かって面倒をみるケースもあります。求人の仕方も違って、保育士求人は保育園や児童養護施設などの保育施設での勤務が主になるため、各保育園や施設などで正社員か契約社員として採用試験を受けたり、保育士専門の派遣会社に登録するなどの方法があります。ベビーシッター求人は専門の派遣会社に登録して派遣先の家庭を紹介してもらったり、託児所や託児施設などの求人応募して就職できます。正社員もいますが、派遣やアルバイトやパートで働く人は中心で、自分で個人開業している人もいます。

子供の世話の内容の違いは、保育士は基本的に集団保育で、複数人の子供に対して1人の保育士が配置されて子供の世話や面倒をみます。ベビーシッターは自分が世話する子供の人数は1人か2人ぐらいの少人数の世話がほとんどで、個別保育のためより深く子供の世話や面倒をみます。藤沢のシッターのことならこちら