皆さんは、ベビーシッターや保育士、チャイルドマインダーの違いをご存知でしょうか。いずれも保育のスペシャリストであることは共通していますが……。まず保育士は国家資格を所持しています。逆にベビーシッターの場合、資格は必須ではありません。

チャイルドマインダーは、民間の団体が認定する資格を所持しています。もちろん以前、保育士として勤務していた人が、再度ベビーシッターとして働く場合もあるようです。また全国保育サービス協会では、シッター資格認定制度を実施しています。なりたいという人は資格を取得しておいた方が採用されやすいかもしれません。

認定試験を受験できる条件は、満18歳以上(高校生を除く)で、全国保育サービス協会主催の研修を受講して修了しており、ベビーシッターの実務経験を有している人です。しかし決して特別な資格が求められる職業ではありません。保育士とは違い、特定の専門学校や短大・大学を卒業していなくても仕事はできると話します。ではベビーシッターとは、実際にどのような仕事をするのでしょう。

具体的な仕事の例をあげると、産前産後のママのお手伝いや赤ちゃんの沐浴、お母さんが留守にする際に家の中でお子さんのお世話をするなど。さらにママが病気で寝込んでいる時に保育園や幼稚園の送迎、お母さんが急な残業の時に園や塾の送迎に行くなどです。子ども好きにはたまらない職業でしょう。お子さんもママも自分も笑顔になれるお仕事です。

憧れに終わらせず、ぜひ目指して頑張ってみませんか。