女性の社会進出が当たり前になっている現代、保育園待機問題などの影響で注目されているのがベビーシッターです。ベビーシッターの仕事は依頼された家庭の教育方針に基づいた保育を行う仕事です。自分の教育方針の考えを反映させた保育ではなく、あくまでも依頼主の要望に基づくということが大切になります。保育園や、自宅、イベントや企業の保育室などで子どもお世話をすることもありますが、多くはその依頼者の家庭で子どもと過ごすということが多いです。

子どもにとって自宅というのはもっとも安心できる場所です。そこで保護者が留守の間に過ごすというのは子どもの不安を一つ無くすことにもつながります。子どもは正直です。ベビーシッターとの間に信頼関係ができると安心して身をゆだねる、本心からの笑顔を向けるようになります。

ベビーシッターの喜びはそんな時に感じることが出来ます。また保護者からの感謝の言葉をもらえた時にもとてもやりがいを感じるものです。事故のないように神経を使う仕事ですが、それ以上のやりがいがあること、求められていることでこの仕事の人気は高まっています。特に専門的な資格は必要ありませんが、それ名入りの知識を得ておくこと、そして子育て経験などがあると依頼する方も安心します。

ベビーシッターの活躍の場はとても広がっているので、短時間だけ、休日だけ、昼間だけという働く時間に融通がつきやすいのも人気の理由の一つです。今後益々この仕事の需要は高まっていくはずです。